top of page

ベリーダンス エジプシャンシミー

ベリーダンスの種類は大きく4つ、

その中でも一番汎用性が高くて大きな動きができるのが

「エジプシャンシミー」


その名の通り、エジプシャン・スタイルのベリーダンスで多く使われる、

というか、エジプトの風土に見合った踊り方ゆえ

「エジプシャン・シミー」と呼ばれています。


エジプトといったら?

ピラミッド


ピラミッドはどこにある?

砂漠


砂漠で踊れる?

歩くの大変・・・どう踊ろうか?


そんな問答を頭で想像してみてください。

広がる砂漠、後ろにピラミッド・・・

そこで動こうと思ったら、思いっきり骨盤上下させれば

素敵なシミーができあがり。


イメージとしては、

①脚は胸から生えている

②骨盤を上下にシーソーのように動かす

③体側と腹筋でコントロール

④膝は骨盤の上下の可動域を得るためにゆるめるだけ

⑤踵をしっかり床につける(押すイメージ)

⑦足の小指めっちゃアップ、できれば親指までアップして

体をとにかくまっすぐにキープ。足に力を入れない。


そして、

体側と腹筋で

あばらに骨盤が近づくイメージで

体側縮める→骨盤上がる

反対側の体側は伸びてる→骨盤

★腰はそらないように!あくまで床から垂直の姿勢キープ★下がる


これを交互に行う。

大きな可動域、骨盤のシーソーの上下が

10センチ以上は出せる。

大きな大きなシミーはとてもダイナミック。


言葉だと難しいけれど、

まずは理屈、理論、を頭にいれてイメージして動くと

体が反応してくれるので、

焦らずゆっくりのペースから練習してほしいと思います。


エジプシャンスタイルについては 色々別にトピックがあるので

また今度。




最新記事

すべて表示

ベリーダンスのシミーの種類をご存じ?

ベリーダンスの華、といえばシミー、アラビア語だとラッシャー。 初心者の方たちにとっての最大の壁ともなるのが、このシミーではないでしょうか。 ベリーダンスのシミー、意味は震わす、ですが 種類があるのはご存じかしら? 震わしとけばなんでもシミー、ではあるのですが 私がレッスンでお教えするときには4段階に分けてシミーをご指導しています。 下半身のシミー ①エジプシャンシミー ②ターキッシュシミー ③ヒッ

ベリーダンス上達方法

どんなダンスでも、勉強でも、共通していることだと思うのですが 習い事の上達方法、それは 「できないと言わない」 「絶対できる!と信じてひたすら努力する」 この2つかなーと思います。 ショートカットがない。 地道に努力するしかない。 私の場合は努力型秀才、と自負しているので 愚直に努力することしか何事かを成し遂げる方法を知りません。 ベリーダンスもしかり。 語学もしかり。 とはいえ、世の中には天才的

ベリーダンス セクシー田中さん ありがとう

漫画の「セクシー田中さん」を読んで、ベリーダンスに興味を持ちました。 そんなきっかけでベリーダンスを始めてくださった生徒さんもいらして 私もそんな素敵な漫画があるのか!と4年前から読み始めて、 あ、この作者さん(芦原妃名子さん)の作品どっかで見たことあるなあ、 そうか「砂時計」「Bread & Butter」の人だったのか!と さらに好感を持って読んでいました。 しかも田中さんのお住まいが「中延」

Comments


bottom of page